お米豆知識

きぬひかりの特徴

キヌヒカリの特徴の説明の写真

 

その名のとおり、炊きあがりがとても美しく、シルクのような艶と

光が食欲をそそります。

粘り気と香りが主張し過ぎることなく、すっきりとした口当たりが

特徴的で、その程よい粘り気と香りを好む方が多い非常に人気のお

米です。

コシヒカリのようにネバネバして甘いだけがご飯のおいしさではな

い、お米本来の味を楽しみたい・・という方におすすめです。

 

棚田米の特徴の写真

ふっくらと上手にごはんを炊くには(美味しいお米の炊き方)

1.お米の量を計る 「計りできっちりと」

 

  ● お米は、炊飯器に付属の計量カップ(180ml)ですりきりで計ります。きちんとお米を計ることが、美味しいご飯を

   炊くための第一のポイントです。

  ● 水加減を間違わない為に、きっちり計りましょう。計量カップできっちり計ります。

  ● お米をはかりで計ります(1合あたり150g)。計量カップで計ると、計り方次第で、誤差が生じてしまうため、その

   僅かな差でも炊き上がりが大きく変わります。に入り  

2. お米を洗う  「研ぐ前に一度洗米する」

 

     ● さっとかき混ぜすぐ水を捨てます。お米は最初の水を一番吸収するので、風味を損なわないために、手早く行う

              ことが大切です。

    ● ゆっくりしていると米についていた「ぬかの臭い」まで米が吸ってしまうため、軽く2~3度底から混ぜたら、すぐに

           水を捨ててください。

        ● お米は手早く洗うことがポイントです。最初はたっぷりの水で数回軽く混ぜるようにして手早く洗い、すぐ水を

            捨てます。

        ● 最初に軽くひと混ぜしてすぐに水を捨てます。できれば水もミネラルウォ-タ-や浄水器の水を使ったほうがおいしく

            なります。

3. お米を研ぐ 『研ぎ過ぎに注意する」

 

       ● 新しい水を入れて、水面が円を描くように米ごと5~6回まわして水を捨てます。これを3回繰り返しましょう。

          研ぎすぎると米粒が割れて風味が低下するので、軽くすすぐ感じで。

      ● 下準備の中で、最も重要な作業が「研ぎ」です。米粒と米粒とをすり合わせ、アリウロン層の残留物を取り除くのが

          目的です。

      ● 水を4~5回ほどかえて洗います。水は完全に澄むまで洗う必要はありません。

      ● お米を握っては離す、これをまんべなく(約40秒)繰り返します。その後は研がずに水を入れ、軽くかき混ぜて捨てます。

      ● 3~4回繰り返し水で糠を洗い流し、終わったらざるに上げ水を切り、上にラツプをかけ10分程度寝かせます。

4. 水に浸す 「夏場は30分、冬場や古米は1時間」

 

     ● 浸水時間は新米で40分~1時間。古米は1時間は浸水してください。春~夏場は、冷水に浸けて米を冷やすとおいしい

         ご飯になります。

     ● 普通の白米の場合、洗う前のお米の容量の20%増し、新米は10%増しを標準とします。

     ● 夏場は水温が高いと、お米が黄ばむ原因になりますので、予め冷やしたお水・氷を入れると白く炊き上がります。

     ● ご飯の美味しさを左右する水加減。炊飯器の目盛りに頼り切っていませんか?この目盛りはあくまでも目安量です。

        お米を計った同じカップでキッチリと水加減をしましょう。

5. 炊飯 「内釜の水もふき取ると良い」

 

     ● 炊飯器に移してご飯を炊くときに注意したいのが、内釜のまわりについた水です。これは炊飯器が壊れる・炊きむらが

        できる原因にもなるので、軽くふき取ってから炊飯器にセットし、スイッチを入れましょう! 

6. 炊き上がり 「すぐにほぐして余分な水分を飛ばす」

 

      ● 炊けたらすぐに蓋を開けてほぐしましょう。しゃもじで十字に区切って、下から持ち上げるようにほぐしていきます。

         そして20~30秒ほど開けたままにしておいて余分な水分を飛ばします。

      ● ほぐしはとても重要です。タイミングが遅れると「釜返り」という現象が起き米同士がくっつき、べちゃついたご飯に

          なるので注意しましょう。

     ●『炊きあがったら蓋や釜の上についた水滴をふき取る』とよりよいです。そうすることで炊飯器で炊くご飯もより

         美味しくなります。

7. 保温と保存

 

      ● 炊きあがってから2~3時間も保温するとやはりご飯が少し硬くなり、風味も落ちてしまいます。できるだけ熱を余分に

          かけないことも大切なので、保温中は少しでも釜に触れる部分を少なくすることも大切ですので、保温する場合は

       「釜の中でこんもりと盛ってから保温する」とよいです。

      ● 保温しておくと出てくるあの嫌な臭い。内蓋はもちろんですが、機種によっては蓋の外側も取り外せることがあるので

          チェックしてみてください。ここに汚れが溜まるとすぐに臭くなってしまいます。

 ● 冷蔵庫の中もご飯が老朽化しやすい環境なので、粘度が減少してパサパサになってしまいます。そんなわけで冷凍して

          保存するのがベストです。 

                                                               お問合せはこちらまで